Facility

施設基準

当院は、厚生労働大臣が定める施設基準に基づいて診療を行っている保険医療機関です。

標榜診療科、機関指定等

    施設基準届出一覧

    • 詳細はこちら

                                

    自費料金

      厚生労働省の定める院内掲示を必要とする件数等

      診療にかかること

      • 後発医薬品(ジェネリック医薬品)について
        入院及び外来において後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用に積極的に取り組んでいます。
        患者の皆様にはご理解いただきますようお願いいたします。

      • 院内トリアージについて
        当院救急外来では、土曜日曜祝日、及び夜間に看護師が「院内トリアージ」を実施しています。トリアージとは、傷病の緊急度や程度に応じ、適切な治療の優先順位を判定することです。
        緊急度が高いと判断した方から、優先して診察を行います。そのため、受付順にならない場合がありますのでご理解いただきますようお願いいたします。

      • 診療明細書について
        当院では、医療の透明化や患者への情報提供を積極的に推進していく観点から領収証の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しております。明細書には、使用した薬剤の名称や行われた処置、検査の名称が記載されます。

      • 感染対策について
        患者の皆様に安心して入院・受診いただけるよう、院内の感染対策を実施しています。

      • 歯科外来診療環境体制加算について
        歯科口腔外科を受診される患者さんが、不安や緊張、様々な身体的ストレスなどによって、治療中に体調が悪くなるなど、万一の緊急事態が起こった場合に適切に対応できるように、当院常勤の歯科医師が所定の研修を受け、AEDなどの医療機器を備えて、安心・安全に歯科医療を受けられる体制を整えています。

      • 外来化学療法について
        専任の医師、看護師又は薬剤師を常時配置しており、患者さんからの電話等による相談に24時間体制で対応しています。
        また、緊急時には入院できる体制を確保しております。
        外来化学療法レジメンについてはこちら


      医療DXに関する掲示

      • 当院の医師等が診療を実施する診察室等において、オンライン資格確認等システムにより取得した診療情報等を活用して診療を実施しています。

      • 令和6年3月から電子処方箋の使用を開始しました。ただし実施できる医師が少数のため、今後電子処方箋を運用できる医師を増やしていきます。
        患者の皆様にはご理解いただきますようお願いいたします。

      • マイナ保険証の利用を促進して、投薬情報を活用する等、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。